脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

2006.5.25

みのもんたさんが手術を行い、注目された脊柱管狭窄症。
脊柱管が狭くなり、神経を圧迫し、足腰にしびれや痛みを感じる症状です。
特に歩いていると、次第に両下肢がだるくなり、休んでは又歩くようになります。自転車やシルバーカーでは、どこまでも歩けるのに、直立して歩くのが困難になります。
リハビリ、内服でかなり良くなりますし、みのもんたさんのような手術も当院で開院時より施行しています。
平成18年より、最新の治療法である内視鏡手術も開始。一般にはまだ行われている医療機関は数少ないのですが、世界的潮流の手術法で今後普及すると考えられています。